濃い味好きは太りやすい?!薄味になれるコツ

野菜をたっぷり使った料理でも、味付けが濃いと、ついついご飯を多く食べてしまったり、お酒が進んだりするものです。濃い味より薄味になれることもダイエットには重要。嗜好優先の食事ではなく、望ましい食生活を心がけるようにしましょう。
FY167

カラダに与える影響

カロリーオーバーから太りやすくなる

味付けが濃い分、ご飯やパンといった主食を多く食べてしまい、カロリーオーバーになりやすくなります。炭水化物の摂りすぎは、中性脂肪を増やし肥満の原因に。

むくみが起こりやすい

塩分がカラダの中に多くとどまると、それを薄めるために水分が体内に多くたまり、カラダがむくみやすくなります。
栄養士が教える!むくみ解消に効果的な食べ物とは

味覚が鈍感になる

濃い味ばかり食べていると、素材本来の味がわからなくなります。

病気を発症する可能性がある

塩分の摂りすぎは高血圧を引き起こす要因になります。また、高血圧になると、循環器疾患や生活習慣病を発症する恐れがあります。

濃い味から薄味に慣れる方法

よく噛んで味わう

よく噛むことによって、ゆっくり素材そのものの味を楽しむことができます。また食欲を抑制する効果も期待できます。
ダイエット効果や小顔効果も!よく噛むことで得られるメリット6つ

冷めないうちに食べる

温かいものが冷めると味を感じにくくなり、塩や醤油を足しがちに。冷めないうちにおいしくいただきましょう。

外食は控えめに

外食や出来合いの食事は、ほとんどが濃い味付けになっています。減塩をするならば、家で作った食事のほうが効果を期待できます。

塩やしょうゆなどの調味料を控える

いきなり薄味に慣れることは難しいので、少しずつ調味料を控えていくことが大切です。だんだんと味覚が正常になり、素材そのものの味を楽しめるようになりますよ。
減塩が楽しくなる!江戸時代発祥の和風調味料3選

人間の味覚は「慣れる」ことができます。こうした工夫を加える事で、少しずつ薄い味付けに慣れていきます。まずは、週に1~2回でも、薄味の物や油脂類が少ないメニューを食べるようにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ページトップ