プルーン|果物

食物繊維が多く含まれていて、便秘解消が期待できるプルーン。抗酸化力の強いアントシアニンを豊富に含んでいます。ジャムやドライフルーツとして食べられることが多いプルーンですが、旬の秋には生のプルーンを楽しめます。プルーンの栄養成分と効果、おいしい食べ方についてご紹介します。
Prunes on a wooden background

栄養成分と効果

食物繊維

プルーンは水溶性と不溶性の食物繊維をバランスよく含んでいます。なかでも水溶性食物繊維のペクチンが豊富で、腸内環境の改善に効果を発揮します。 また、腸での悪玉コレステロール(LDL)や糖の吸収を抑え、有害物質を排泄して大腸がんなどの腸に関する病気を予防する働きもあります。
水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の違いとは

ソルビトール

プルーンの甘さはソルビトールという甘み成分によるもの。砂糖の甘み成分であるスクロースよりもカロリーが低いのが特徴です。ソルビトールには保水力があり、便に適度な柔らかさを与えて排便をスムーズにしてくれます。しかし、過剰に摂ると下痢・腹痛になる恐れがあるため、摂り過ぎには注意が必要です。

アントシアニン

ポリフェノールの一種で、野菜や果物の青紫色の色素です。
光の情報を脳に伝えるロドプシンの再合成を促進するため、視力低下や眼精疲労に効果的といわれています。また、がん・動脈硬化・老化などの原因のひとつとなる活性酸素を取り除く抗酸化作用や、血糖値を低下させる働きもあります。(※1)

β-カロテン(ビタミンA)

β-カロテンは、必要に応じて体内でビタミンAに変換されるカロテノイドという色素のひとつ。 視覚の維持に欠かせない成分で、「目のビタミン」ともよばれます。皮膚や粘膜を正常に保ち、活性酸素を除去する抗酸化作用や免疫力をアップする作用あります。

カリウム

カリウムは体内の過剰なナトリウムを排泄し、水分量を適切に保つ作用があります。塩分の摂り過ぎによるむくみ高血圧の予防や改善に効果的です。

プルーンのおいしい食べ方

軸が緑色で、表面にブルームという白い粉がしっかりと全体についているものが新鮮です。ブルームは、プルーン自体が出しているものなので取り除く必要はありません。皮にアントシアニンが多く含まれているので、皮をむかずにそのまま食べましょう。刻んでヨーグルトに入れると、善玉菌である乳酸菌も一緒に摂ることができます。

ドライフプルーンをはじめとしたエキス・ジュース・パウダーなどの加工品は、シリアル・サラダ・スムージー・ヨーグルトなどに加えたり、ケーキやパンに混ぜ込んだりと幅広く活用できます。 GIで腹持ちがよいという特徴があるのでドライプルーンを間食にするのもよい方法です。
美肌や便秘緩和も叶う!栄養士おすすめのパワーサラダ

 

間食・料理のアクセント・甘みづけなど、さまざまな活用ができるプルーン。でも、プルーンは糖質が多く、食べ過ぎるとカロリーオーバーにつながります。適量を食べるようにしてくださいね。

▼カロリー計算▼
プルーンのカロリー・栄養素はこちら

 

【参考】
(※1)糖尿病ネットワーク
〈http://www.dm-net.co.jp/calendar/2014/021270.php〉(最終閲覧日2016/10/02)

ページトップ