レモン|果物

レモンといえばビタミンCというイメージですが、そのほかにも抗酸化力の強いビタミンEクエン酸が豊富。レモンは別名クエンとも呼ばれ、クエン酸の名前の由来にもなっています。
また、レモンの香り成分「リモネン」には、リラックス効果があるとされています。レモンの栄養成分と効果、おいしい食べ方についてご紹介します。
pixta_20557115_S

レモンの栄養成分と効果

ビタミンC

メラニンを生成する酵素の働きを抑え、シミ・そばかすを予防します。また、コラーゲンの合成を促進する働きがあり、肌のハリを保つなど、美肌作りに欠かせません。
また、ストレスからカラダを守るホルモンの合成に関わっていて、ストレス時にはビタミンCの必要量が高まります。
栄養士が教える!ストレス対策におすすめの料理5選

ビタミンE

抗酸化作用があり、血中のコレステロールが酸化されるのを防いで、血管を健康に保ちます。また、細胞膜の酸化も防ぐため、細胞の老化防止美肌効果も期待できます。

クエン酸

クエン酸は、エネルギーを作り出す「クエン酸回路」という体内の仕組みで効果を発揮します。クエン酸をとり入れることで、脂質・糖質・多くのアミノ酸から、より効率よくエネルギーを作り出す助けになります。また、鉄分カルシウムなどのミネラルを包み込んで吸収しやすくする「キレート作用」も期待できます。

カルシウム

カルシウムは吸収率が低い栄養素の一つなので、食事から積極的に摂る必要があります。骨や歯の主要な構成成分であるほか、筋肉の収縮にも関わっています。
神経の伝達を正常に保ち、興奮を落ち着かせる作用があります。
あと200mg!不足しやすいカルシウムを無理なく増やすコツ

レモンのおいしい食べ方

おすすめレシピ

キャベツとわかめのレモンじょうゆ
キャベツにもビタミンCが豊富に含まれています。レモンを皮ごと使う場合には、低農薬レモンなど安心できるものを選びましょう。

サーモンとそら豆の白ワイン蒸し
サーモンの皮の部分にはコラーゲンが豊富に含まれており、ビタミンCと一緒に摂ることで、体内でコラーゲンの合成が促進されます。また、レモンには魚介の臭みをやわらげる効果があり、さっぱりとした味わいになります。

 

そのままで食べることは少ないレモンですが、酸味や香りが料理を引き立たせてくれます。美容と健康のため、上手にとり入れてみて下さいね。

▼カロリー計算▼
レモン果汁のカロリー・栄養素はこちら

 

【参考】
オールガイド食品成分表2016 実教出版

ページトップ