肌のビタミン【ビタミンB6】

ビタミンB6は魚類や野菜、卵に多く含まれています。水溶性ビタミンのため、一度にたくさん摂っても体内に貯蔵されないので、毎日の食事からバランスよくとり入れるようにしましょう。

 

卵2

ビタミンB6の働き

  • 肌のバリア機能を高める
  • 主にタンパク質の代謝を助ける
    脳内神経伝達物質の合成を助ける
  • 生理痛の改善

ビタミンB6の推奨量

ビタミンB6の推奨量は、男性(18歳以上)の1.4mg、女性(18歳以上)は1.1mgです。

 

不足が続いた場合

「肌のビタミン」と呼ばれるように、不足すると、肌荒れニキビなどトラブルを招きます。また、ビタミンB6は、タンパク質の代謝に必要不可欠な補酵素として働いていて、タンパク質食品の摂取量が増えるとビタミンB6の必要量も増えます。ですが、ビタミンB6は、大腸の腸内細菌(ビフィズス菌など)によっても作られるため、欠乏症はあまりみられません。

ビタミンB6が多く含まれる食材・食事

ビタミンB6が多く含まれる食材は以下の通りです。

肉類 牛レバー 0.89mg
肉類 鶏ささみ 0.66mg
魚類 みなみまぐろ 1.08mg
魚類 かつお 0.76mg
魚類 さんま 0.51mg
たまご(1個60g) 0.60mg
アボカド(1個 250g) 0.80mg
さつまいも(1個 250g) 0.70mg
バナナ(1本 150g) 0.57mg
ピスタチオ(30g) 0.37mg

※特に記載のないものは、食品100gあたりの含有量を表示しています。

他にも、鶏レバー・鮭・さば・いわし・にんにく・きなこ・あおのりなどに含まれています。

 

 

ページトップ