グレープフルーツ|果物

オレンジやレモンなどの柑橘類と並んでビタミンC含有量が多いグレープフルーツには美容や健康増進に役立つ効能がたくさんあります。夏場は冷蔵庫で冷やしてひんやりデザートに、冬場は温めてはちみつやブランデーを垂らしてホットデザートに。アレンジを変えてグレープフルーツを楽しんでみませんか。

pixta_3409814_S

グレープフルーツの栄養成分と効果

カリウム

体内の過剰なナトリウムを排出して水分濃度を正常に保ち、むくみや高血圧の予防に役立ちます。カリウムとナトリウムは拮抗的に働き、カラダの塩分濃度を調整します。

葉酸

ビタミンB群の一種で赤血球の合成を助け「造形ビタミン」と呼ばれています。貧血を予防するほか、胎児の正常な発育を助ける働きがあります。

ビタミンC

シミの原因となるメラニン色素の沈着を予防したり、ハリのある肌に必要なコラーゲンの生成を促進したりします。また、細菌やウィルスを撃退して風邪やアレルギーの予防に役立ちます。

食物繊維

腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを整えて体内の老廃物を排出し、便秘の改善に役立ちます。

クエン酸

柑橘類や梅干しなどの酸味成分のクエン酸は、糖質や脂質を効率的にエネルギー変換し、新陳代謝の促進、血流の改善などにも働きます。

 

グレープフルーツの効能

美肌効果

美肌作りに欠かせないビタミンCは、グレープフルーツ1個で1日に必要なビタミンC量(成人女性100mg)の約3/4量(76㎎)をとることができます。また、クエン酸には内と外から肌を美しくする働きも。新陳代謝を促進し、新しい肌の生成を助け、美肌に導きます。

便秘解消

グレープフルーツに含まれる食物繊維の一種ペクチンは、腸のぜん運動を促して老廃物を排出し、便秘の改善に役立ちます。

食欲コントロール

ナリンギンと呼ばれる苦味成分には、過剰な食欲を抑える効果あります。ダイエット中の食事量のコントロールに効果を期待できます。

新陳代謝アップ

香り成分の「ヌーチカリン」と「リモネン」は脳の交感神経を刺激し、血流を改善したりエネルギー消費をアップさせたりする作用があります。新陳代謝がアップすると、細胞の生まれ変わりが活発になり、美肌作りやアンチエイジングに繋がります。

脂肪燃焼効果

グレープフルーツ独特の香り成分が脂肪分解や熱産生を高めることがわかっています。

その他、むくみ改善やストレス緩和などの効果も期待できます。

 

グレープフルーツのおいしい食べ方

そのまま食べても十分おいしいですが、アレンジしておしゃれにグレープフルーツを楽しめるレシピを紹介します。

フルーツポンチ
一口大にカットして盛り合わせた簡単フルーツポンチ。黄色のグレープフルーツに合わせて果実がピンク色のルビーグレープフルーツを合わせて使うと、黄色とピンクの果肉の色がコントラストで可愛いデザートにピッタリです。

■グレープフルーツのはちみつがけ
グレープフルーツの酸っぱさが苦手な場合は、カットしたグレープフルーツにはちみつをかけると食べやすくなります。はちみつの栄養成分が合わさって、美肌や便秘解消など美容に欠かせない栄養素をとり入れることができます。

 

グレープフルーツは美容・健康に役立つ栄養素がたっぷり。朝食や食後のデザート、運動後の補食としてもおすすめの果物です。

ページトップ