カルシウムと結合して骨や歯を形成【リン 】

リンは、カラダの中でカルシウムに次いで2番目に多いミネラルです。
リンの約85%が骨や歯の成分となり、残りは筋肉や脳・神経などに存在し、エネルギー代謝や脂質代謝に役立っています。

pixta_9775319_S

リンの働き

骨と歯を形成

骨の中では、カルシウムとリンが結合してリン酸カルシウムとして存在しています。これが骨や歯の材料です。しかし、リンの過剰摂取は、体内でのカルシウムのバランスが崩れるため、骨からカルシウムが血液中に流出し、骨のカルシウム量が減少してしまいます。
カルシウム:リン=1:1~2の割合でとり入れることが理想です。

細胞の成分になる

DNAやRNAなどの核酸や細胞膜・リンタンパク質の構成成分となります。

エネルギーの産生

ATPの構成成分で、カラダの中でエネルギーを蓄えます。

 

リンの摂取目安量

リンの目安量は男性(18歳以上)が1000㎎、女性は(18歳以上)は800㎎です。

過剰摂取が続いた場合

カルシウムの吸収が抑えられるため、骨粗鬆症になりやすくなります。その他、腎機能の低下・副甲状腺機能の亢進なども起こります。肉・魚などの食材にもリンは含まれていますが、加工食品に使用される添加物のリンは、食材のリンよりも吸収率が高いため、加工食品ばかりを食べていると、リンの摂取量が多くなってしまいます。

不足が続いた場合

骨軟化症やくる病など、骨が形成されなくなります。ほとんどの食品に含まれているので、通常の食事をしていれば不足することはありません。

 

リンが多く含まれる食材・食事

リンが多く含まれる食材は以下の通りです。

プロセスチーズ(1個20g) 150㎎
しらす干し(大さじ1 6g) 52㎎
ロースハム(1枚15g) 51㎎
まぐろ・赤身(4切れ 60g) 160㎎
豚レバー(60g) 200㎎
鶏ささみ(1本40g) 84㎎
玄米ごはん(1杯180g) 234㎎

 

リン摂取のポイント

リンは添加物に多く、ハムやソーセージなどの結着剤や菓子パンや漬物などの品質改良剤に使用されています。清涼飲料水やファーストフードなどに偏らず、バランスの良い手作りのものを食べるようにしましょう。

ページトップ