ヨーグルト|乳製品

幅広い年代に人気のヨーグルト。発酵食品であり乳酸菌を豊富に含むため、継続して食べることで腸内環境を整え、便秘解消や美肌・花粉症の改善にも効果があるとされています。

ヨーグルトの栄養価は原料の牛乳とほぼ変わりませんが、発酵の段階でタンパク質や乳糖の一部が分解されているため、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする「乳糖不耐症」の人でもおいしく食べることができます。

pixta_10395880_S

ヨーグルトの栄養成分と効果

タンパク質

健康的な肌や髪・筋肉などを構成する、人間には必要不可欠な栄養素です。ヨーグルトの場合、タンパク質の一部が発酵の段階でアミノ酸まで分解されているため、牛乳より消化吸収に優れています。

カルシウム

骨や歯を強くする働きがあります。タンパク質や乳酸と結びつき、乳酸カルシウムへと変化することで、牛乳よりカラダに吸収されやすくなります。

ビタミンB2

ビタミンB2は「美容のビタミン」と呼ばれ、新陳代謝を促し皮膚や爪・髪を美しく保つ働きがあります。

乳酸菌

腸内環境を整え、便秘や下痢の解消につながります。毎日継続的にとり入れることで、免疫力アップや花粉症の改善などの効果が期待できます。

 

効果はさまざま!乳酸菌の種類の特徴

KW乳酸菌

免疫バランスを整え、花粉症などのアレルギー症状の改善や免疫力アップにつながることが分かっています。酸に強いため胃酸で死ぬこと無く、腸まで届くことができる乳酸菌です。

プラズマ乳酸菌

免疫細胞の司令塔(pDC)を活性化することで、免疫力がアップし風邪やインフルエンザの症状が軽減することが分かっています。

乳酸菌BB536

継続してとり入れることで、整腸作用や抗インフルエンザ作用・抗アレルギー作用、病原性大腸菌O157の感染予防・潰瘍性大腸炎の緩和などが期待できます。

乳酸菌シロタ株

乳酸菌飲料「ヤクルト」に含まれている乳酸菌。胃液や胆汁でもほとんど死滅せず腸まで届きます。元々腸にある善玉菌のビフィズス菌を増やし、腸内環境を整えます。

R-1乳酸菌

ブルガリア菌という乳酸菌の一つで、免疫システムを活性化し、風邪やインフルエンザの予防効果があることが分かっています。

LG21乳酸菌

ピロリ菌の働きを抑える効果があるため、ピロリ菌の感染が多い日本人におすすめの乳酸菌。腸だけではなく、胃の健康にも役立つようです。

PA-3株

食事由来のプリン体に直接作用し、プリン体を低減させることが分かっています。尿酸値が気になる方におすすめです。

 

ヨーグルトには、鉄分やコラーゲンを配合したような機能性ヨーグルトもありますので、自分に合ったものを選んでみましょう。

 

ヨーグルトのおいしい食べ方

ヨーグルトのアレンジレシピをご紹介します。

 

水切りヨーグルト

キッチンペーパーを敷いたざるの上にプレーンヨーグルトを入れて一晩おくと、まるでクリームチーズのような濃厚な味わいに。下にたまった液体は「ホエー(乳清)」とよばれ、タンパク質やビタミン・ミネラルが豊富で栄養抜群!カレーやシチューなどの煮込み料理に入れたり、果汁で割ったサワードリンクにするなどしていただきましょう。

 

フルーツヨーグルトサラダ

生のパイナップルやキウイ・トマトなどをヨーグルトとはちみつで和え、レーズンを上に散らします。果物と一緒に食べることで、ヨーグルトにほとんど含まれていないビタミンC食物繊維を補うことができます。

 

ヨーグルトは、100gあたり62kcalと低カロリーなので、ダイエット中の間食としてもおすすめです。高温や振動で発酵が進んで酸味が増すため、購入したらなるべく早く食べるようにしましょう。

ページトップ