疲労回復に【クエン酸】

クエン酸はレモンなどの柑橘類に多く含まれる有機酸の一種梅干しやレモンなどのかんきつ類、食酢に含まれている酸っぱい味の主成分です。 食事からとり入れた栄養素をエネルギーに変える過程で必要になるので、積極的にとり入れましょう。

pixta_10129665_S

クエン酸の働き

エネルギー生成

クエン酸は体内で行われる「クエン酸回路(TCAサイクル)」という反応において、エネルギーを作り出し、老廃物を燃やす過程で力を発揮しています。 
食事で摂ったタンパク質脂質糖質は、クエン酸回路でエネルギーへと変換されますが、クエン酸をしっかりとり入れることで、より効率的にエネルギー産生をすることができます。

疲労回復や筋肉痛の改善

疲労やストレスなどが重なるとエネルギー代謝効率が下がり、疲れを感じやすくなります。ですが、クエン酸をとり入れることでエネルギー代謝が活発になると、疲労回復を速めたり、肉体疲労を軽減したりすることに繋がります

美肌効果

新陳代謝が活発になり細胞の生まれ変わりを促進します。

血液サラサラ効果

腎臓の機能に働きかけ、老廃物を排出して血液をきれいにし、血管を丈夫にします。

カルシウムや鉄の吸収率アップ

クエン酸には、ミネラルを包み込んで吸収しやすくする「キレート作用」という働きがあります。カルシウムなどのミネラルの吸収をサポートします

 

 クエン酸が多く含まれる食材

  • かんきつ類(レモン・グレープフルーツ・夏みかんなど)
  • キウイフルーツ
  • いちご
  • 梅干し
  • 食酢(穀物酢・米酢・黒酢・りんご酢・バルサミコ酢・ワインビネガー)

 クエン酸の摂取のポイント

クエン酸は夏バテ対策にもおすすめです。疲労感を感じるときには、グレープフルーツジュースを飲んだり、小鉢に酢の物をプラスするなどして上手にとり入れてみましょう。

おすすめレシピ

キャベツとわかめのレモンじょうゆ
レモンの酸味でさっぱりといただける手軽な1品です。野菜と一緒にレモンの果肉ごと食べましょう。

ヘルシー酢豚
6種類の食材を使ったヘルシー中華。疲労回復に効果的です。

ページトップ