ココア|飲料

カカオの実の種子であるカカオ豆を原料として作られる「ココア」は、栄養価の優れた健康飲料として愛飲されています。ココアの種類としては、ココアの粉以外に砂糖など何も入っていない「ピュアココア」や「純ココア」、砂糖や粉乳などを加えた「ミルクココア」などがあり、これらにはたくさんの栄養成分が詰まっています。

pixta_11919669_S

ココアの栄養成分と効果

カカオマスポリフェノール

カカオマスポリフェノールは抗酸化力が強く、活性酵素の抑制や生活習慣病予防・ストレス防止・リラックス効果・血行促進・冷え症改善などの効果があると言われています。とくに抗酸化力は極めて高く、赤ワインの2倍、紅茶の4~5倍ともいわれています。

食物繊維

ココアにはリグニンという食物繊維が含まれています。腸を刺激して便通を良くしたり、善玉菌を増やしてコレステロールを減らす働きがあります。

ミネラルの宝庫

骨を丈夫にするカルシウム、細胞の新陳代謝を助ける亜鉛、カルシウム調整に必要なマグネシウム、血液の主成分となる、鉄と一緒に貧血防止となる銅などをバランスよく含んでいます。特にココアのカルシウムとマグネシウムの比率は最高に良い割合なので、カラダにより吸収されやすくなります。

ビタミン

老化を防ぐパントテン酸、皮膚や粘膜を保護するナイアシンを多く含みます。

テオブロビン

テオブロビンはココアの苦味成分。カフェインより穏やかで、ストレスやイライラなどを緩和してくれます。ココアの香りとテオブロミンで集中力も高まります。

ココアのおいしいの飲み方

ココアは牛乳や豆乳にお砂糖を加えて飲むのはもちろん、いろいろなお菓子の材料にもなります。ただし、お砂糖の量には気をつけましょう。カラダにうれしい成分が詰まったココアだからこそ、一息タイムにおいしく飲みたいものですね。

ページトップ