話題のアーモンドミルクの効果とは?

最近、スーパーやコンビニの牛乳や豆乳の隣に「アーモンドミルク」を見かけるようになりました。日本では新しいタイプのドリンクとして注目を浴びていますが、欧米では以前から親しまれている健康飲料です。牛乳や豆乳とは違ったアーモンドミルクの魅力をご紹介します。

pixta_15239339_S

アーモンドミルクとは

アーモンドミルクはアーモンドをそのまますり潰して作る飲み物。アーモンドの栄養をたっぷり摂ることができます。牛乳よりも低脂肪で低カロリーなこともあり、ダイエット飲料や健康ドリンクとして注目を浴びています。

さらに、乳・大豆・小麦などのアレルギー物質も含まないため、牛乳や豆乳が飲めない人でも安心して飲むことができます。

 

アーモンドミルクに期待できる効果

アンチエイジング

若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEポリフェノールが、活性酸素による細胞や肌の老化を防止。シミ・そばかすを防ぎ、老けないカラダつくりに効果を発揮します。

美しい肌や髪・爪つくりをサポート

成長のビタミンといわれるビタミンB2は、お肌や毛髪、爪の形成をサポート。また、オイリー肌で悩んでいる人にもおすすめ。ビタミンB2が脂質代謝を促すため、オイリー肌やニキビ肌の改善にも効果的です。

健康な骨や歯の形成

骨の形成に働くカルシウムマグネシウムが、健康的な骨や歯の形成をサポートします。特にカルシウムは女性が不足しやすい栄養素。妊娠を控える女性や閉経後の骨粗しょう症対策に欠かせません。

生活習慣病の予防

アーモンドに含まれるオレイン酸は、腸のぜん動運動を活発にして腸内環境を整え、悪玉コレステロール(LDL)を減らす働きがあります。悪玉コレステロールを減らすことで動脈硬化・高血圧・脳梗塞などの生活習慣病をリスクも軽減します。

お通じ改善

豊富な食物繊維が、腸内環境を整えて便秘改善に役立ちます。またオレイン酸には、便を柔らかくして腸の動きを活発にする効果も。

ダイエット効果

アーモンドミルクは、牛乳や豆乳に比べると低カロリー&低脂肪。さらにコレステロールも含まれていません。コップ一杯(200ml)でたった30kcalなので、ダイエット中は上手に活用したいですね。

■栄養価の比較■

カロリー (kcal) 脂質 (g) コレステロール(mg)
牛乳(200ml) 134 7.6 24
調整豆乳(200ml) 118 7.6 0
アーモンドミルク(200ml) 30 2.4 0

カロリー:ダイエットサイトあすけん調べ

 

アーモンドミルクを作る方法

アーモンドミルクの材料(コップ2杯分)

・アーモンド 100g(塩や油などを使っていない生のものが理想)
・水     500cc

 

アーモンドミルクの作り方

1.アーモンドをたっぷりの水に浸しておく(8時間以上)。
2.アーモンドの水を切り、水と一緒に滑らかになるまでミキサーにかける。
(浸しておいた水は使わない)
3.ガーゼなどのクロスで、水気がなくなるまで十分に絞る。
(絞りカスはシリアル・ヨーグルト・クッキーなどと合わせて活用しましょう)

 

冷蔵庫で2~3日保存できますが、栄養効果を考慮すると都度作る方が良いでしょう。また、お菓子やデザートなどの材料としても活用できますが、熱に弱いビタミンなども含まれていますので、できるだけそのまま頂くのがおすすめです。

天然のサプリメントと呼ばれるアーモンドの栄養が詰まったアーモンドミルク。牛乳や豆乳の代替として低カロリーのアーモンドミルクをとり入れてみてはいかがでしょうか。

ページトップ