基礎代謝 とは

体を横にした安静状態でも、呼吸、心臓の動き、体温維持などの様々な生命活動が続いています。この生きていくために必要な最小のエネルギー代謝量のことを「基礎代謝」といいます。

shutterstock_74982313

1日で消費されるエネルギーの割合

1日の総消費エネルギー量は、60%が基礎代謝量によって消費されています
残りの30%は身体活動(運動・仕事・家事など)と特異的作用(食後に高進する栄養素の代謝)によるものです。普段の生活での消費エネルギーがほとんどだと思われがちですので、基礎代謝の割合にびっくりされるかもしれませんね。

基礎代謝を上げるとやせる、といわれる理由は「じっとしてても消費されるエネルギーが増える」ことになるので同じカロリーを摂っても太りにくくなる、ということなんです。

また、基礎代謝には個人差があり、年齢・性別・体格・体温・栄養状態によってそれぞれになります。また成長するにつれ高くなり16~18歳前後でピークをむかえた後なだらかに下降線をたどり、40歳を過ぎると急激に落ちるといわれています。

 

部位ごとのエネルギー消費の割合

成人で基礎代謝における消費量がもっとも多いのは筋肉で、なんと全体の約40%を筋肉で消費します。ついで肝臓、胃腸となります。 さきほど、基礎代謝には個人差がある、と説明しましたが、その多くが「筋肉量の違い」によるものです。つまり、同じ身長で同じ体重の人でも、筋肉量が多い「締まったカラダ」のほうが「基礎代謝が高い」といえるのです。また、歳をとると基礎代謝が低下する理由も、筋肉が衰えて減少することが原因です。

基礎代謝をよい状態で保ち太らない体質を作るためにも、適度な筋肉を維持し続けるこがポイントですね。

ページトップ