学んでおきたい!ダイエットの基本

よく「1ヶ月で10kgの減量に成功!」という夢のようなダイエット法を目にします。短期間で結果を出したい気持ちはよくわかりますが、その方法で本当にダイエットに成功したと言えるのでしょうか。

diet_a

短期間で減ったのは体脂肪でない?

蓄えてしまった体脂肪1kgを減らすには、約7000kcalを消費する必要あります。7000kcal分を食事で減らすか、運動で消費しないと減らないというわけです。

たとえば1ヶ月10kg減らすには、1日あたり約2330kcalを減らさなければならない計算になります。1日の食事が1800kcalとすると、毎日絶食しても達成できませんし、運動にしてもジョギング約5時間分(体重60kgの場合)に値します。これはちょっと現実的ではありません。

でも現実に「1ヶ月に10kg痩せる」というダイエット法は存在します。なぜそんなことが可能かというと、急激な減量の場合そのほとんどが体脂肪ではなく、多くはカラダの水分が抜けたことによる体重減少なのです。水分はカラダの60~70%を占めます。

体重50kgの人であれば30kgが水分ですので、短期間に大幅に減量することが可能です。 ですが、どれだけがんばって短期間で痩せても、水分はすぐに元に戻ってしまいます。

肥満とは「体脂肪が必要以上に増えてしまった状態」のことですので、水分ではなく体脂肪を減らさなければ意味がありません。

理想のダイエットの減量ペースは1ヶ月に1~2kgです。体脂肪を1ヶ月に1kg減らすためには、今よりも1日あたり233kcal減らせば達成できます。これなら無理のないペースです。体重だけを見て結果を急ぐのではなく、確実にカラダが変わるダイエットを目指しましょう。  

ページトップ