キャベツダイエット

キャベツ

毎食前にキャベツを食べるだけ!お財布にも優しいキャベツダイエット

キャベツダイエットはざく切りにした生のキャベツを、食事の前によく噛んで食べるというダイエット方法です。食べ応えのある生のキャベツをよく噛むことにより、脳の満腹中枢が刺激され、その後の食事を食べすぎることがありません。またノンオイルのものでしたらいろいろなドレッシングを使っても大丈夫なので、飽きずにキャベツを食べられますよ。

キャベツダイエットの方法

キャベツダイエットは、一日3回、食事の前にざく切りにした生のキャベツを山盛りいっぱい食べるというダイエット法です。その時に大切なのは、よく噛むことと10分くらいかけてゆっくり食べることです。噛むこととゆっくり食べることで満腹中枢が刺激され、食べすぎを防ぎます。

もちろん食事も油と砂糖を控えたバランスの良い食事を心がけましょう。あわせて軽い運動もすると、一層効果があがります。

キャベツダイエットの効果

食べ過ぎを防ぐ

キャベツを毎食前にしっかり噛んでゆっくり食べることで、脳の満腹中枢を刺激します。それにより食べすぎを防ぐことができます。

美肌効果、代謝促進

キャベツにはビタミンC・ビタミンK・ビタミンU・カリウムカルシウム食物繊維などが豊富です。それぞれ美肌づくり・骨粗しょう症予防・筋肉のエネルギー代謝促進・便秘解消などの作用があります。

専門家のひとこと

このキャベツダイエットはいわゆる「ベジファースト」と呼ばれる野菜から先に食べる食事法と同様と考えています。食前に食物繊維が豊富なキャベツを食べることにより、食事の全体量を抑えるほか、食後血糖値の上昇を緩やかにし、脂肪になりにくくします。

 

キャベツは意外にもビタミンCが豊富。ビタミンCは鉄の吸収を良くしたり、コラーゲンを生成をしたりと女性には欠かせないビタミンです。

 

注意点としては、ドレッシングは大さじ1杯程度まででかけすぎないようにしましょう。市販のドレッシングは塩分や糖分が多いものもあるので、オリーブオイルと酢で自家製ドレッシングを作るのもおすすめです。

 

また、野菜をキャベツだけに限定してしまうと栄養が偏ってしまうので、キャベツ以外の色の濃い緑黄色野菜も普段の食事に意識して取り入れると良いですね。

道江美貴子

管理栄養士
道江美貴子

ページトップ