ホットヨーグルトダイエット【ホットヨーグルトダイエット】

pixta_10395880_S

軽く温めたヨーグルトでダイエット!腸の働きをアップさせてお腹もすっきり。

ぬるめの温度に温めたヨーグルトを食べるダイエット法です。
温かいヨーグルトが腸のはたらきを活発にし、お通じの改善や美肌づくりに効果が期待できます。

ホットヨーグルトダイエットの方法

電子レンジ(500w)で30秒ほど温めたホットヨーグルトを、朝食の代わりに食べるか、毎食後に食べるというダイエット法です。選ぶヨーグルトの種類と分量は以下になります。

  • ヨーグルトは、プレーン・低脂肪・無糖などのヘルシーなものを選ぶ
  • 食べる量は、1日120gまでを目安にする

 

ホットヨーグルトダイエットの効果

カルシウムの吸収率アップ

温かいヨーグルトは冷たいヨーグルトよりも、腸の働きを活発にし、カルシウムの吸収率を高めます。女性が不足しやすいカルシウムを効率良く摂れるのは、嬉しいポイントといえます。

脂肪をためこむ作用のあるホルモンを抑える

体内のカルシウムが不足すると、「副甲状腺ホルモン」という脂肪を溜め込む働きがあるホルモンが分泌されます。カルシウムの吸収率が高いホットヨーグルトは、副甲状腺ホルモンの産生を抑え、太りにくくしてくれるといわれています。

便秘解消・美肌効果

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が、腸のコンディションを向上させ、お通じをスムーズにします。腸のコンディションがよくなると、食事からの栄養素をより吸収しやすく、カラダの調子も整うため、美肌作りにも役立ちます。

 

ここに注意

食事は腹8分目にする

ホットヨーグルトを食べているからといって、お腹いっぱい食事をしていては、デザートをとっているようなもの。食事の量は腹8分目にし、はちみつやドライフルーツなどのトッピングも適量に抑えるよう心がけましょう。

加熱し過ぎない

温めすぎは禁物です。ヨーグルトの乳酸菌は63℃以上で死滅してしまうので、十分な効果が得られなくなってしまいます。

 

専門家のひとこと

ホットヨーグルトダイエットは、ヨーグルトを温めて食べるだけという、シンプルなダイエット法。

 

適度に温まったヨーグルトは、腸の活動を活発にすることができます。すると、お通じ改善やカラダの調子が整うなど、ダイエットや美容に嬉しい効果も。継続的にとり入れることで、腸内環境の改善や免疫力UP、花粉症改善などの効果も期待できます。

 

発酵食品であるヨーグルトは、乳酸菌を豊富に含む健康食品。

発酵段階で乳糖が分解されているので、日本人に多い「乳糖不耐症」の方でも安心して食べることができますよ。

 

衞藤敬子

管理栄養士
衞藤敬子

ページトップ