白湯ダイエット【サユダイエット】

pixta_6151616_S

白湯を飲むだけ!新陳代謝をアップしてくれる、お手軽ダイエット

白湯ダイエットは、起床時と毎食時に白湯を飲むという簡単なダイエット法です。白湯によってカラダが内側から温まって新陳代謝がよくなり、痩せやすい体質になるといわれています。

白湯ダイエットの方法

起床時と毎食時にマグカップ一杯分の白湯を飲むのが基本です。その他、白湯ダイエットのポイントは以下のとおりです。

常温で冷ました白湯を飲む

水道水から白湯をつくるときは、やかんの蓋をせずに沸騰させてから、常温で冷ましてください。カルキ臭さが抜け、マイルドで飲みやすい白湯になります。できれば、ミネラルウォーターを使うのがおすすめです。

白湯の温度は40℃~50℃にする

人肌よりちょっと高めの温度の白湯は、カラダを温めるのにぴったり。カップを触って、ちょっと熱いなと感じるくらいが適温です。

起床時は、10分くらい時間をかけて飲む

胃腸の働きを少しずつ高め、ゆっくりカラダを温めることが大切です。啜るように白湯を飲むようにしてくださいね。

 

白湯ダイエットの効果

新陳代謝がアップ

起床時の白湯は、眠っているときに失った水分を補給しながら、血液の循環を良くしてくれます。すると、老廃物の排出を促して新陳代謝が高まり、ダイエットの効率アップやむくみ冷え性の改善が期待できます。

消化がよくなる

食事と一緒に飲む白湯は、カラダを温め、消化を促進する作用があります。

便秘・肌荒れの解消

体温より高めの温度の白湯が消化器官を活性化し、便秘肌荒れの解消に役立ちます。

 

ここに注意

白湯を飲みすぎない

白湯の飲みすぎはよくありません。一度に飲む白湯はマグカップで1杯程度とし、1日の合計は4~5杯までにするのがベストです。
特に食事前に飲みすぎると、胃酸が薄まり、消化が妨げられることもあるので注意してくださいね。

白湯を冷まし過ぎない

白湯の温度が体温よりも低くなってしまうと、カラダを温める効果が激減してしまいます。適温の白湯をゆっくり飲むことが白湯ダイエットのコツです。

 

専門家のひとこと

朝起きて白湯を飲むことで、胃腸が動きだし、便秘の解消にもつながります。ダイエット効果よりも健康のために試してみてはいかがでしょうか。

 

道江美貴子

管理栄養士
道江美貴子

ページトップ