おかゆダイエット【オカユダイエット】

pixta_6456915_S

胃腸にやさしいおかゆがカラダを温め、代謝をアップ!

おかゆは水分が多いので、ボリュームがある割にはカロリーが低い食べ物です。そんなおかゆを毎食のご飯の代わりに食べるのが、おかゆダイエット。おかゆは、白いご飯よりカラダを温めてくれるのもうれしいポイントです。

おかゆダイエットの方法

毎食の主食をおかゆに置き換えるだけの簡単なダイエット法です。
1膳あたりのカロリーを比較してみても、おかゆ(全粥)のカロリーはご飯の半分ほど。いつもの主食をおかゆにすることにより、大幅なカロリーダウンができます。

お粥1膳:160kcal / 白米1前:302kcal 

1日1食以上、主食をおかゆに

毎食におかゆをとり入れると、効果も早くあらわれますが、のんびり始めようという方は、昼食だけ、夕食だけというパターンでもOKです。

忙しいときはレトルトパックのおかゆを使う

作る時間がとれないときは、おかゆのレトルトパックを利用しましょう。できるだけ、味付けのされていないプレーンなものを選ぶのがベターです。

夜遅くにレトルトのおかゆを食べるときは、おかゆをお湯でゆるめてみましょう。1膳あたりのカロリーをさらにダウンできますよ。

おかゆダイエットの効果

代謝アップ

おかゆは、ご飯よりもカラダを温め、新陳代謝を高める効果があります。
とても消化吸収がスムーズなので、胃腸に負担もかかかりません。

ダイエットを継続しやすい

好きなおかずを食べられるので、あまりストレスを感じることなく続けられます。どうしてもおかゆに飽きてしまったら、ちょっと味付けをしてみたり、梅干しなどをトッピングしてみたりしてください。

ここに注意

1膳あたりのカロリーが低いからといって食べ過ぎてしまっては、ダイエット効果は見込めません。いつも食べている量のご飯を、おかゆに置き換えるようにしてください。

また、腎臓の病気などで水分の摂取制限がある人は、医師に相談の上、行うようにしましょう。

専門家のひとこと

通常の白ごはんを”おかゆ”に換える「おかゆダイエット」。3食をおかゆに置き換えるだけで、通常より約400kcalも抑えることができます。低カロリーでカラダが温まるだけでなく、低コストで手軽に実践できることも魅力の1つです。

 

おかゆは満腹感はありますが、腹持ちはあまり良くはありません。挫折のリスク回避として、まずは昼食か夕食から始め、慣れてきたら、1日3食にすると良いでしょう。目標達成した場合もリバウンド回避の為に、徐々に常食に戻すようにすることをおすすめします。

 

また、どんなにヘルシーといっても、選ぶおかずがこってり料理ならば本末転倒。

野菜料理や良質タンパク質をしっかり摂れる、栄養バランスの整った食事を意識して。野菜を大きくカットしたり、少し硬めに調理したりすると、満腹感を持続しやすくなりますよ。

 

組み合せるおかずをしっかり選んだ上で、おかゆダイエットをとり入れてみてください。

衞藤敬子

管理栄養士
衞藤敬子

ページトップ