グルテンフリーダイエット【グルテンフリーダイエット】

炭水化物2

グルテンフリーの食事にシフトして体質を変える!?グルテンフリーダイエット!

グルテンフリーダイエットは、グルテンを含む食事を避けるダイエット法で、グルテンアレルギーの食事療法がもとになっています。

グルテンフリーダイエットの方法

グルテンフリーダイエットは、グルテンを含む食事を避けるようにするダイエット法で、グルテンに対する免疫反応で起こる「セリアック病」の食事療法がもとになっています。

グルテンは、小麦・大麦・ライ麦などの胚乳部分に含まれるタンパク質の一種です。もちもち感や弾力をつくるはたらきがあり、多数の食品に使用されていますので、グルテンを避けるときには注意して選択をする必要があります。
 

〈グルテンを多く含む食品〉
パン・ケーキ・パスタ・ピザ・ラーメン・うどん・お好み焼きなど
〈グルテンを含まない食品〉
米・もち・ビーフン・そば・玄米粉・大豆粉など

 

グルテンフリーダイエットの効果

グルテンは小麦粉などに多く含まれるため、これらを利用したお菓子や加工食品・パン・パスタなどを控えるようになります。すると、自然と摂取カロリーが抑えられ、ダイエット効果が生まれるということもあるようです。

グルテンフリーダイエットは、糖質制限ダイエットとは異なり、米類やいも類は食べてもよいとされています。

実は、ごはん・焼魚などの主菜、小鉢などの副菜、味噌汁を組み合せた和食は、グルテンをほとんど含んでいないため、伝統的な和食は、グルテンフリーダイエット向きといえそうです。

 

ここに注意

減量に成功している例があるものの、まだ科学的には証明されていません。

グルテンを含む食材を排除すると、栄養バランスが崩れる可能性があります。また、ストイックに行うことはストレスに繋がります。

グルテンフリーダイエットをする場合は、初めから極端な制限を行わないことと、栄養バランスを意識した食事をとるように注意してください。

 

専門家のひとこと

グルテンフリーダイエットは、欧米で健康や美容意識の高い層で人気のあるダイエット法。最近では日本でも注目を浴びて来ています。

グルテンフリーダイエットは、「体重を落とす」というよりも、アレルゲンである「グルテン」を除いた食事をすることで体質改善を行うもの。効果は人によりますが、グルテンフリーを実践する事によって、カラダの調子が整い、太らないカラダになれることもあるようです。

 

グルテンフリーダイエットを行う際は、商品の「成分表示」をしっかり確認することが大切です。お酒を飲む場合は、大麦などを原料にしたビールはNGになります。

 

料理をする時は、小麦粉製品を米粉製品に変えるとアレンジの幅が拡がります。栄養バランスが偏らないように、上手に食事を選んでいきましょう。

衞藤敬子

管理栄養士
衞藤敬子

ページトップ